『クルクルくみこがクルクルキャサリンに出会うまで〜』

皆さんこんにちは! KuruKuruのはたくみこです!


もともと変なワタシですが(笑) 特に最近、 いろいろとあって、 「キャサリン」という名前の、昔のアメリカ?にいた、5歳ぐらいの女の子と繋がって、 またさらに変(笑)になってしまいました~

そのキャサリンに出会うまでのお話をするのはある意味、 宇宙のコトのお話しになるので私にはとっても勇気がいる事なんですが、 神様から許可が出たというか… 伝えなさい!と言われている気がして、 私の精一杯の勇気で、 みなさんにシェアすることにしました。

こういうお話がニガテな方には、 おとぎばなしだと思って聞いていただければうれしいです♡( ´ ▽ ` )ノ


事の始まりは2019年の12月、年末の頃、

当時、本当に普通の主婦だったワタシ、

家で三人の子供とおしゃべりしている時に、 ふと、 「ママが会社の社長になったとしたら会社の名前は何がいいかな?」 と聞いてみました。



実は、 その直前に、知人のラジオに新年の抱負をメッセージで入れてほしいとお願いがあり、

思いついたのが 「わたし社長になります!」でした。


ふと、その話が頭に浮かんで、聞いてみたんです。

すると、 当時小4の次女ミトちゃんが「クルクル!」と言いました。 「なんでクルクルなの?ママがクルクルパーだから?(笑)」 「ちがうよ~、髪の毛がクルクルしてる女の子がみえたの。」 と言うので、 とりあえず「へ~そうなんだ」と答えたのですが、「クルクル」の響きにピン!ときて、 それにする〜っと決めました。

今度は、当時小2の長男メイシ君が、クルクル会社のロゴマークを描いてくれました。 それを見てワタシはビックリ! (写真の図がそれです!)

ふつう、クルクルってだけ聞いたら 一つか二つウズみたいなのを書くじゃないですか~。 それが、メイシ君が描いた絵をみた瞬間 これは、 もしかして宇宙の構図と直感で感じて、とっても複雑な図形?だけど 気にいったので、ロゴはメイシ君のに決めました。

そこから一気にワタシの未来が変わっていったのでした~

なんだか長くなりそうなので、 今日はこのくらいにしますね♡

次回につづく~



#宇宙語

#KuruKuru #はたくみこ

閲覧数:15回0件のコメント